堺市中区の中古マンションを任意売却するには
https://www.flickr.com/photos/colleen-lane/

<ご質問>堺市中区で築10年の中古マンションを任意売却するにはどうしたらよいでしょうか。住宅ローンの支払いが苦しくて滞っています。延滞金利も発生しており優遇金利も無くなりました。これ以上、支払いする事は困難で困っています。差押えや競売開始決定済みになる前に任意売却での処分を考えています。

<お答え>何らかの理由で住宅ローンの支払いが困難になり滞納すると金融機関から競売の申し立てをされます。下記のような流れになりますが、できるだけ早い時期にご相談いただくほうが解決できる可能性が高くなります。

住宅ローン延滞→個人信用情報へ事故記録→ローン一括支払請求→保証会社に債権譲渡→競売の申し立て→競売開始決定→競売入札開始

競売開始までに売却すれば近所に知られずに売却できる可能性があります。任意売却なら相場に近い価格で売却できますので借金が少なくなりますが、競売で安く落札されると残債が多く残ります。又、引越し時期のご希望を聞いてもらったり引越し代などの交渉が出来ます。

競売の場合は近所の人に知れますし、引越し代も無く落札者の都合で立ち退きを迫られて精神的負担が大きくなります。

売却方法は通常の方法と同じです。違いは売却価格を決める場合に金融機関の同意が必要になる事と残った住宅ローン(残債)を売主様が金融機関と話し合い支払う事です。

売主様は1日でも早く不動産会社にご相談する事をお勧めします。

 

 

  ↓↓↓↓↓↓よろしければクリックをお願い致します。

  にほんブログ村 住まいブログへ
 にほんブログ村 住まいブログ 土地・不動産へ